スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ホロッホー☆ 体外離脱!!


   とうとう、ついに・・・
   あぁ、感無量です。。
 
   体外離脱、出来るようになりました。


   思い返せば、体脱に興味を抱き、
   ヘミシンクを使って練習し始めたのは
   2008年が始まったころ

   その間、一応離脱の体験は何度かはあったけれども
   それはちょっとだけ、ほんの瞬間とか、
   明晰夢からの延長で意識的に離脱するといった具合で

   体脱について書かれた本にあるような体験、
   そこまで行きたいのに、なかなか行けない...

   「体外への旅」ロバート・モンロー
   ビュイック・ドライバー 新次元の叡智 ゲリー・ボーネル


   半分諦めかけたまま、
   いつしかヘミシンクやアストラルトリップのCDを聞くことも、
   布団の中で練習をすることもなくなり
   あれ程強かった、離脱への焦がれる想いは
   薄く薄く、興味は他へと移っていった。

 
   それなのに、そんな具合だった今、
   期待なくして、うぅ、感無量...

   とうとう、ものすごく意識的な状態から
   自分にとって、超衝撃的なリアルな世界を
   体外離脱をした状態で、体験をしました!
   ホロッホーーー!!キャホーーー!!!


   達成感、始まりの達成感。。
   うーーん、けっこう時間はかかったけど
   何より現実化したいことであったので
   本当に、馬になって空を駆け昇りたいほど嬉しくて
   意識も、こうして言葉にするのも
   トーンが変わってしまいます。

   具体的にこの日の晩、何が起こったのか
   メモとして残すと...

   22時半には布団に潜り、
   本を読み始めたけれどすぐに眠たくなってきて
   本を置き、つららと眠る準備を始める

   からだを仰向けにしてすぐ、
   自分のバイブレーションが異質に
   変化したことを知り、リラックスして
   それをもっと深く感じようと意識を向けると
  「これは離脱のチャンスやで」っと頭の後ろが発した。

  「おう、私、離脱したいーー!!」
   そう強く意図するやいなや
   私の体は天井すれすれまでぶわーーんって飛び上がった

   抜け出たらすぐ、その場を離れるべしと
   本で読んだ教えを思い出し、
   慌てて窓の向こうへ出なくちゃと
   カーテンの通り抜けを試みるも
   はにゃっとうまくゆかず、
   肉体のある状態へ戻ってしまう。

   それでもあの独特のバイブレーションは続いていて
   再度離脱を試みる

   今度はすんなり出れない感じがしたので
   ガイドに頼もうと意図すると
   目の前に、白くて眩しい存在が現れて
  (初めてその姿を目にするガイドたちだった)

   人間の指とは違う、すらーーって長く
   さらさらした美しい糸のような指が
   強い力で私の手をにぎり、
   また別のガイドは私の背中に手をかけてくれて
   ぐっと体外へと引き出してくれた

   存在のリアルな姿、言葉にしきれない美しさ、
   助け、思い、いつも見ていてくれたんだということ

   もうどれもが感謝しきれない程
   ありがたくて美しかった

  
   肉体の外へもう一度出れたことで
   なんだか妙に落ち着いた心持ちになり
   ニヤリと
   「ここに行きたいな」

   離脱する前なら設定しちゃいけなく思う
   でも本当はぐっと内にある設定を
   私はさらっと迷いなく、心にうかべた

   そのあとの体験は
   想像もできなかったまさかの展開で
   離脱の醍醐味を知ることになった。


   満足ゆくまで非物質の世界を
   動いて、感じて、知って
   声もだいぶ発していたはずなのに

   離脱から元の体の状態へ戻ってすぐ
   ぱっと横に目をやると、変わらず
   私の頭にぴったりとはりついたまま
   つららはぐっすり眠っていた。



   他はだいぶん出来るようになったのに
   なんで一番興味のある体外離脱だけは
   なかなかうまくゆかないのか
   そうずっと思って、どこかもくもくしていた

   それがいきなりいったいどうして
   離脱が出来るようになったのか


   これは、これも
   新しい実験の場へ移ることを
   内側で受け入れたからなのか

   だとしたら、
   今にあるだけの
   これ以上ないラクチンさで

   今日でいけば、
   今迄、一番の望みだった体外離脱での意識的な体験も
   スルッパッ☆って、
   現実化、されるのか
  

   なんて興味深い、新実験。

  
   あぁそれにしても、
   私を体から引き出してくれたガイドたち
   本当に、ありがとう。
   ありがとう。




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング






       
今のポイント、


   無言で恵方巻きを食べきって
   深夜に静かに豆まきを終えて
   鬼っていったいなんじゃらほいと
   ぼんやり考えている頭が
   なんだかとりとめのない思考も混ざりあい
   ふつふつになってることわかる

   胸に息のし辛い雲がかかっているのは
   数日前から感じていたけど
   しっかりとは見ないまま
   晴れる時を待っていた。

   すべてが停止しているようだ
   物事も、心も、動きを止めて
   次の情報が来るのを
   うっすら緊張とともに、待っている。

   なんじゃら、ほい?


   もう寝よう、早く寝ようと
   ベットに潜り込み
   ヘミシンクを聞きながら、眠りにつく

   途中のどの渇きで目が覚めて
   ひとくち水を飲んだ
   ぼんやりまどろみながら
   明晰夢の状態であることに気がつく

   体外離脱しようと思った瞬間、
   ぐわっと頭から抜け出した

   夢の場面は以前住んでいたマンションの一室で
   そこから外へ出ようとカーテンを抜け
   ベランダへ出てすぐ空へ向かって
   この前と同じ、手をばたつかせて
   上昇してゆく

   美しい青空のなか目にしたのは
   分厚いタオルか四角いスポンジのような雲が
   空の端から端まで続いている光景
   これって、、と、見覚えのある雲に
   だれかに伝えなきゃと
   周りを見渡そうとした時
   隣に知らない女の子がいた。

   共通した認識があることをわかったから
   無言でふたり、その雲を眺める

   そして意識は薄くなって、
   夢の中へ戻っていった。

   その日の夢もまた、興味深かった

   子供の姿の、ゲリーと話をした。
   
   ひとつだけ、質問をいいかと、
   つたない英語とジェスチャーで
   聞きたいことを表現すると
   子供の姿のゲリーは
   言葉でないエネルギーで返事をくれた

   視覚は子供ととらえていても
   すべてがゲリーだった。
   言葉にしづらいけど、
   夢の中で、違いは一ミリもなかった。

   私の質問、夢の中では
   せっかくの機会なのに、
   なにを聞こうとしてるのか
   夢の中では意味がわからないでいた。

   こうして日記を書いている今、
   その時のこと、少しずつ、思いだしてきた。

   私は階段に座っていて、
   ノートをじっと見ている
   そこに書かれていたのは、
   グラフのような図形で

   階段を折り返す場所にいた
   少年のゲリーに
   私はそのノートの図形を指差しながら
   なにかを知ろうと、尋ねたのだ

   今思い返せば、それは彼の本で見たことのある図で
   ぱらぱらどの本だったかを探してみると
   光の12日間の本の中で
   光の波を表したものだった(195頁)

   それだけなんだけど、
   ゲリーの答えてくれたエネルギーを思うと
   「時間」に対して、
   チャッカマンを拭えなくなる




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


新年初の体外離脱☆


   明晰夢からの体外離脱に成功!

   以下、忘れない為に記録


   ララ(猫)を自転車のかごにのせて
   知らない街を、時々寄り道をしながら
   サイクリングしている

   素敵な雑貨屋さんの前で
   高校時代お世話になった
   家庭教師の先生とすれ違い
   私は大興奮で声をかけた

   楽しく立ち話をして
   「ひさしぶりにララにも会って!」と、
   停めていた自転車の方へゆくと

   ララが  いない!!!!

   誰かがララを連れて行ったんだという確信
   誰か!!と叫びたいのに、
   驚きとショックでパニック状態の私は
   喉から声が出せなくて、体がぶるぶる震えてる

   その様子を見た、先生といっしょにいた友だちが
   
  「これは夢だから、目を覚ましたら、大丈夫だから」

   そう私に声をかけてくれて、そこで私ははっとして
   夢から明晰夢の状態へ、意識が変わった。

   そしたら、場面は変わり、さっきまでの衝撃も
   冷静に見ることができた。
   ララはもう、天国にいるんだ。


   かなりクリアな状態で明晰夢に入ったので
   これは体外離脱のチャンスだと想い、
   スクランブル交差点の真ん中に立った私は
   上空をめがけ、飛び立つイメージを浮かべた

   体は徐々に上昇してゆき
   私は鳥のようにばさばさと腕をはばたかせて
   空を飛ぶ感覚をリアルに体感した

   もう下の景色もうすくなったとき、
   私は充分な満足感に満たされて
   ゆっくりまぶたを開けた。


   飛んでるあいだ、すこし気になったのは
   私はいつもつらら(猫)を腕枕して眠るのだけど
   こんなに腕を羽ばたかせていたら
   実際の体の腕で寝ているつららは大丈夫か
   それが心にあった。
 
   けれど目を開け、隣を見ると
   いつもと変わらずぐっすらつららは眠っていたので
   余計にさっきまでの体験を、リアルに感じた。


   次は、今年は、昨年からの目標である
   覚醒した状態からの体外離脱で世界探索!!
   成功をめざしマス!!!




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


まどろみ離脱


   目覚めると天井が目の前に
   あみあみの具合とか、やたら鮮明に見えて
   天井・・・・ もしや!と気付いたら
   体の近くに落ちていく

   もう一度浮上を試みるも
   意識遠のき再び眠りへ


   もうちょっとな気がする




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


うきゃーーー!


   体外離脱に想いを馳せるようになってから、
   直後にロバートモンロー氏の本に出会い、
   今年の始めからヘミシンクのゲートウェイシリーズと
   体外への旅を毎日こつこつ聞いている。

   体外離脱以外のテーマ、ガイドとの交信や
   ヒーリング、フォーカスの移動なんかは順調に、
   大事なギフトをもらいながら進めてこれたのだけど、
   いちばんの目標の体外離脱に関しては
   なかなかなかなか、外に出られないまま
   今日まで来た。

   そして、タイトルのうっきゃーーー!を今朝、迎えた。


   毎朝の日課になったヘミシンク、
   その日は体外への旅の(C)を
   ぼんやりさほど集中もしないで聞いていたら
   ぶるぶるを感じ始める。

   いつもはその後の変化をただ待つだけだったけど、
   今朝はそのぶるぶるを意識的に増幅させようとして
   ぶるぶるに集中して、そのすぐあと、ぴょーーーん!って
   体から飛び出した。

   急いで自分の部屋を出て、一階のリビングへ向かうと
   家族みんなもう起きていて、朝の準備をしている。
   私は、カウンターにいるつららをいつものようになでた。

   全ての触感がとてもリアルであったのが
   リモートビューイングと違うところだった。

   そのあとなにか他のことを思った瞬間
   体の中へひゅっと戻ってしまい、
   跳ね起きて体ごとリビングへゆくと、
   家族や猫達のいる場所はさっきと同じだったから
   これは本当だったと、思うことにする。

   やっぱり、離脱の鍵はぶるぶるだったよ。




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


| 1/1 |