スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ひらたい

   つらら

   なっつ


   スキャナーのうえで眠るの、ふたりとも好き





 




はじめてのお散歩


  1

   つらら、誕生日祝いに買ったリードを装着し
   はじめてのお散歩です



  2

  3

  4

   しばらく動かずに警戒を続けていましたが



  5

   意を決し歩き始めたつらら



  6

   この日公園デビューも果たし
   記念?となるいちにちでした





 



安心、安心


  つらら
         つらら師匠はいつだって安眠


   気持ちは春に移行して、
   分厚いコートはもう着ない具合でいたから、
   深夜、あばらやのバイトが終わって帰る道
   カタカタふるえながら、どんどんと自転車をこぐ

   空には白く分厚い雲が、ずっと向こうまでのびている
   青い透明な夜空が、ぎゃってなる冷たい風を
   気持ちのよいものにしてくれる


   お風呂であたたまるも、そのあと
   パソコンを触っていたら、どんどん体が冷えて
   いかんいかんとふとんにもぐり込む

   すぐにつららが枕元にきて
   私の肩や枕の端を一通りふみふみすると
   ググググ、何か言葉を発しながら
   ふところにもぐり込んできた

   こりゃあったかい、幸せじゃなぁって
   つららを抱きしめて、眠りにつく

   つららと眠る夜はいつだって
   春眠、そして 暁を覚えず



   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


ときどきホラー

  


  


  



  


   もうだいぶ長い付き合いだけど
   毎日、毎瞬、未知の姿を見せてくれるサンさん

   したたかで、役者で、割り切りよくて
   平和主義で、打たれ強く、独創的

   

   犬になりたくなかった犬 ファーレイ・モウワット
   
   この本が大好きだ。


   マットのユニークさ、奇跡の生き様が
   数々のエピソードとして綴られている
   心から笑えて、楽しくて、愛しくなる。


   マットを地でゆくサンさんは
   日々、我が家でミラクルを起こす
   犬になりきれなかった犬
   そして進化を続けるサンさん。

   親バカながら、そう思うのだ




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


つらら師匠


  つらら
    ☆今朝のつらら☆ わたしより遅起き


   毎日の暮らしのなかで、私は3匹から
   どれだけの豊かさをもらっているかわからない

   存在が愛、それを体現している3匹

   豊かさのなかには学びが満ちてて
   3匹は、私のお師匠さま

   グルわん&グルにゃんだ




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


今日のサンさん


   サンさん2

   よく眠り、よく水を飲んでいます。




撮影会


   今年も年賀状用の写真を撮りました。

   サンさん
   サンさんは今年も進化を続け、犬離れっぷりに磨きをかけてます。


   ナッツ
   神経過敏ぎみのなっちゃん。来年は心穏やかな年を願うばかり


   つらら
   つららはサンさんのことをよく見ていて、性格まで似てきています


   2009年の年賀状のテーマは GATE OPEN!
   お楽しみに☆




   たくさんの人と繋がりたく、 
   クリックをお願いいたします
   にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング


甘党
   つらら

   サンさんに、熟しすぎた柿をあげようとしたら
   かたいへたも丸ごとぺろりだし、
   おまけに手までかじる勢い。

   つららは、買って来たロールケーキの箱あける前から
   卵の匂いをキャッチしたのか
   くれくれびょんびょん大興奮で
   クリームもスポンジもひとひとくちぶんべろっと食べた。
   なっちゃんはぺろっとなめただけ。
焼き芋
   
   サンさん

   朝から奈義の畑で採れたお芋を焼く。

   お鍋に焼き芋石を敷いて、始めは強火
   あったまったら少しのお水とお芋を入れて
   弱火に変えて、じっくりと待つ。
   もう待ちきれないってなる頃が、
   お芋ができるちょうどのタイミングで
   お鍋の蓋をあけたら芋芋しい香り流れる。


   サンさんは無類の芋好き。
   みんなでお芋を食べているときの
   サンさんのくれくれ念波ったら
   もうせっかくの美味しさも妨害する強力なもので
   それじゃちょっとあげるよってなった時、
   サンさんの目の輝きはギラビカリする。
 
   うちもサンさんも、お芋への特別な思いは同じ。
   さつまいもがこの世に生まれたことに合掌。

| 1/1 |